野生のクサイチゴを育ててみた2019/3後半

 意識して見るとありえない隙間で咲いてるのを見かける……流石雑草、でも硬い地面や叢のは採取出来ない。

 山の斜面下部に生えてる株を採取した。一応同じ場所の少し遠い株に加えてかなり離れた場所の一株を持ち帰り遺伝子の多様性を確保したよ。

 腐葉土が一番掘り易い。土質や隙間も大切だけどみっしり雑草が生えてたりしても地面が硬くて引抜気味になって細かい根を残せず死んでしまうからね。


 やはりこの辺りの野生の開花時期は始まったばかりのようで花が多くて助かります。

 見比べるとうちのはプランターにギッシリだから一見デカイが真直ぐ伸びてるので斜面を這った野生のと違ってそんなに長い枝がない。

 でも効率が良いから花芽が沢山付いてて見た目も良い。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック