空色の羽ペン

アクセスカウンタ

zoom RSS 栽培したクサイチゴをおいしく食べる。

<<   作成日時 : 2019/04/25 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 時は来た!熟しているのを採取。

 出来る限り熟させる作戦で気付いたのだけど時間が経つと取れやすくなる様だ。粒の少ないものは粒が大きくなる様だけど密度が高いのは完熟させるとどうなるんだろう?

 熟すことで急激に透明度を増した実は宝石の様な美しさを持つが勧賞出来る期間が短いのが残念、でもそれだけに花も実も季節を感じられその姿自体が風流だね。




 チェックしてるけど少し水に漬けて虫出しして乾かす。

 安物の雑な味に押し負けないようにそこそこのランクのバニラアイスを購入、純白の舞台に乗せてみると……美しい。

 一応そのまま一つ食べてみると……なんとなく苺系の風味はあるんだけどハッキリ分かる甘酸っぱさの様な明確な『味』が分からない。

 粒粒なだけに果汁が出難いのではと思い一番大きな実を潰して少し混ぜて食べてみると……自己主張が弱い。
 多分パニラが強過ぎるのと木苺系自体が元の風味が繊細というよりも仄かな香りなので負けちゃってるんだと思う。



追記

 一番粒の大きな実を食べてみたら爽やかな甘味が!どうやら熟れきれていなかった様だ。
(もしかしたら自然落下する寸前くらいが一番美味しいのかもしれない。)

 酸味は全くなく仄かな甘さと木苺特有の風味の優しい味、残りは受粉率の高い実ばかりなので楽しみ。


 鳥に食べられないかと心配していたが凄い勢いで枝が伸びて苺を保護しているので安心、カビ対策と根元への日当たりを考慮し根元の枯葉を取り除いて掃除ついでに日当たりの調整をした。

 外から見え難く内側から実がよく見える向きに調整し観賞……美しい。
(まあ見栄えが良い様に色々調整してるんですけどね)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
栽培したクサイチゴをおいしく食べる。 空色の羽ペン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる