野生のクサイチゴを育ててみた2019/4初頭

 やはり他の株の花粉を使用したものの実りが良い。

 自家受粉は全くダメな花が多くて良くても数粒単位で実りそうなんだけど他所の花粉だとビッシリ詰まって大きくなってる。

 元々受粉率が良くない植物だけど筍方式で根から子株を生やして殖えるから成り立つんだろうね。

 まだまだ近所に群生してるのがあるけど必要最低限の状態から育てることに意味があるのであって手当たり次第に掘り起こして持って来るのは目的ではないからね。

 掘ってくるのは(雑草を)育てて食べるという目的を達成する手段であって、実が食べたいだけなら頃合を見計らって実だけ採ってくれば事足りる。

 他の雑草(オニタビラコとカラスエンドウ)には小鉢に引越ししてもらいました。



 採取した株はやはり根が痛んでしまうのでしばらく日陰で根が張るまで休ませた方が良い。
(萎びてカサカサになってしまう)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック