空色の羽ペン

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり剣談議は熱くなるものですよ

<<   作成日時 : 2017/03/03 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 やはり男のロマンですからね。

なろう主人公「刀身を簡単に交換出来る生産性の高い剣を開発したよ」 味方「おおお!」
http://www.matolabel.net/archives/69657674.html

 懐かしいなぁ……昔読んだ時は修行時代ですら作者の馬鹿っぷりに呆れながらどんな恥じ晒すか楽しみながら読んでたから思い出深いわ。

 こういう機構って眼科用のメスとかならアリなんだけど強い負荷の掛かる用途にこれはないよね。

 なろう民はこれすら文章は脳内補完されて違和感を感じなかったとかマジで肉の両面焼きレベルのお頭なんだよ。

 しかも本人達に自覚が無いとか成長の余地無さ過ぎてヤバイよ!美味しくなる為に餌箱に頭突っ込んで貪る豚だと同じで!


 本題に戻ると剣に要求することは何か?それは信頼性なのは当然として何に使うのかだよね?

 個人的には剣は狭い空間での対人用であり槍が壊れた際のサブである。つまり絶対壊れちゃいけない武器だ!!

 つまり長さはそんなに要らないというより短剣で十分、刀身の根元は切れ味より強度、刃先は鎧の隙間に突刺せる薄さと幅に、強度を落とす機構なんて要らない、軟鉄と鋼鉄で挟む?ただ頑丈に作れ!

 自分の考えはドイツ系の刃物論なんだけど最適な合金を使い機械的に高い品質で作る。

 日本刀の変な小細工も包丁用途なら良いけど軟鉄の刃が鋭さを出してるだけで硬いものに当たると欠けるし動く相手を引き斬るって無茶過ぎるんだよ。
(中の軟鉄のおかげで折れ難くくなるけどやはり戦闘用の刃物じゃないな)

 重さを考えたら金と同じくらいの重さのタングステンソードって失格だけど異世界人の魔力強化筋力で考えたらアリだな。

 そのままだと木の様に軽くて軟らかいけど魔力送ると硬くなって異常なほど重くなる鈍器用異世界金属なんてあると面白いかも?

 硬い毛皮を持ってて分厚い筋肉の鎧を纏ってる魔物が相手の冒険者(笑)になるのに皆剣ばかり、しかも片手で仕える剣で盾を持ってはいけない法律でもあるのか?ってほど盾を使わないで槍や斧も使わない理由はなんだろうね?長巻とか短槍みたいに持ち手が長いことで力が入る武器とかも見ないし。

 ナイフ買って長い棒に括り付ければ修理も手入れも簡単で数本のナイフ使い回せてコスパ良いと思うけど誰もやらない
(ナイフだって職業制ゲーム脳の杖しか持ってないのにローブ1枚で鈍足な魔法使いに投げれば有用だし)

 ゲーム脳魔法使いは女性作家の場合特に酷い。完全に固定砲台で盾持ち達が細かく隊列の変更や上げ下げを交えてスイッチ出来ないとなると簡単に磨り潰されてしまう。
(固定砲台が許されるのは前衛4に対して1までだ。ゴブスレの前衛1遊撃1後衛2とか一緒に冒険したくネェーーー僧侶(笑)は弓でも連射してろよ!!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはり剣談議は熱くなるものですよ 空色の羽ペン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる