空色の羽ペン

アクセスカウンタ

zoom RSS なろうによくある『略奪』や『奪取』の扱いが雑な作家が多いパターン

<<   作成日時 : 2015/06/19 14:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 『略奪』や『奪取』は相手の最大の武器を自分の力にしつつ相手を大幅に弱体化出来るチート扱いだけどそもそもどういう理論で考えてる?

 有名作家で言うと

 能力はスライムの大魔王では魂そのものの一部として扱い、『略奪』や『奪取』も力を理解した上で解析&最適化と複数の対象に対して同時に行う自力のある上位者専用能力だったわけでお手軽コピーではない。


 何て言うんだろう?それに見合った器を持つ者が自己を最適化し習得するついでにオリジナルの相手の頭と体を改変して封じる。

 この全く違うことをお手軽チート扱いしてる作家は一つの力扱いしてるせいで馬鹿丸出しな矛盾を生む。
(基本的な理論穴だらけでもはや魔法小○とかセー○ームーンのバトルくらい退屈だ)


 そもそもスライム大魔王風に最低手順として

1、対象を解析

2、能力の内容を解析

3、発動原理を解析

 相手はどんなタイプなのか?相手が何をしているのか?それにより発生する挙動のクセや得意な駆引きは?

 これは対戦ゲーの基本だけど。

4、取り込めるか仮想して演算

5、自分の他の能力を阻害しないようにしつつ最適化

 これで取得という流れになる。

 で、盗むの場合これに追加で4と5を相手に行う。


 レベル爆上げ君の大好きなRPGに例えると蘇生と即死同時使用だね。
(発動率100%なら即死の方が隔絶するくらい圧倒的に上位の能力な訳だけど?)


 実況動画と同じだ。いつまで経ってもボタン連打しか知らない馬鹿実況者がラストまでゴリ押しの通じるゲームしてる動画なんて見ても面白くもない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なろうによくある『略奪』や『奪取』の扱いが雑な作家が多いパターン 空色の羽ペン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる